自分で確保!自分の安全!住宅土地選び!

安心安全!失敗しない土地選び!

家を建てるにあたって、家のデザインと同じかそれ以上に重要なのが土地選びです。まず土地柄ですが、今後の生活によって土地の選び方は変わります。子供がいるなら学校や病院の近く、大人だけなら通勤の便利さ、更に車の有無によっても希望の土地は変わってきます。それに加えスーパーやデパート等があれば、生活に潤いが持てるので女性には嬉しいはずです。
しかしどの生活スタイルでも共通して言える事は、近隣の治安です。夜になったら物騒で外を歩けないのでは、生活に支障が出ます。その為土地を購入する前は、朝昼夜全ての時間帯に現地に行き確かめる事が大切です。更に余裕があるのであれば、周囲の人に住みやすさを聞いてみると尚良いです。

更なる安全の為に!土壌調査の重要性!

住むにあたって良いと決めたなら、次は土地の土壌調査が必要です。どんなに住み心地が良くても、天災に弱くては天災の度に修復が必要になるからです。
その為の土壌調査で見るポイントはまず、川や海の水辺からの高さです。基本的に水辺より水位の低い土地はないですが、水辺から水位1メートル以内の土地は多くあります。そうした土地は水辺と土地の間に堤防や土手があるので気が付きにくいですが、いざ水辺が反乱した場合水没の危険が増します。
更に住む土地の前に何があったかも、気をつける点です。具体的には前に田んぼや川があってそこを埋め立てて出来た土地の事ですが、そうした土地に家を建てるのであれば土壌をしっかりと固定させる薬品を土に混ぜる必要があるからです。

SE工法をご存知ですか。地震災害に備えて、建物の強度を増す耐震構法、建物を強くさせることを指します。